読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NaKaMaism

日常の出来事を淡々と書きためる

世界まるごとクラシック 2016 @ 東京国際フォーラム

LIVE

まず初めにクラシックのクの字も知らないような者がこの内容を書いてるという事を頭に置いて読んで貰えるとありがたいです。

 
本日は「世界まるごとクラシック 2016」というコンサートへ足を運びました。
 
どうやらこのコンサートのコンセプトは
 
・5500円で誰もが豪華なクラシックコンサートを楽しめる!
・TVや映画で聞いた名曲ばかり!
・聴くだけじゃない!見て楽しめる!
・家族でも楽しめる!
・服装、なんでもOKです!
青島広志による世界一たのしくわかりやすいクラシック
 
クラシックに縁がなかったものの小学生読書感想文で「モーツアルトの生涯」のような本を何故か選んだりした時からモーツアルトは好きでベストアルバム(安いやつ)も買って聞いてたりして好きな作曲家でありましたが、実際ホンモノのクラシックの会場へはいつか行ってみたいと思ってた。
そして、今回はその幼少期から好きなモーツアルトメドレーだったり映画「スターウォーズ」の”メイン・タイトル”も演奏されるとの事で行く事を決めた。
また服装はなんでもOKってのはいいですね。
やはりそこら辺の敷居が高い。
時間にして一部約1時間+休憩20分+二部約1時間でこの演奏項目。

f:id:htkyshp7:20160111213453p:plain

 
軽騎兵」はパチンコ屋で流れてる曲とか、「春の海」は本来は尺八をフルートで琴をハープに変えて演奏してるとか、パッヘルベルはバッハの先輩とか、1曲ずつ青島さんが面白いトークと分かりやすい解説で初めてのクラシックコンサートはあっという間に感じて楽しめて終わった。
改めてモーツアルトは良いなぁと感じたし、スターウォーズの世界というか宇宙な感じが伝わって来たし、歌劇「カルメン」のハバネロは好きな曲になるくらい面白い曲だと思えたし、タイプライターという曲では実際にタイプライターを使用しての演奏(楽譜にもパートがあるそうです)には感動した。
今回このような企画、初心者にも入りやすいコンサートを開催してくださったのには感謝です。
舞台での挨拶が終わってすぐにロビーへ急いで向かい今日来たお客さんへの挨拶してる辺りも青島さんは凄い人格者だなぁと。
 
そして、家に帰るまでの道で鼻歌で今日の曲をやってたり、家に帰って来てネット検索したら「世界まるごとクラシック」の再生リストを見つけてずっとさっきから聞いてるくらいクラシックという音楽がより好きになれた。
また機会をみつけて生のクラシック音楽に触れていきたいですね。
 
あとあと、アニメ「のだめカンタービレ」を見始めてみた。
クラシック音楽に興味津々です。